FC2ブログ

色々…



今日は…
19日の夜に行ったイルミネーションの事、書くつもりだったんですけど。



まぁ、私のコンデジ&腕なので大した画像は無いんですけど。
この模様は取り合えず後日。





あ。すったもんだ(?)の末、長男は結局推薦を頂ける事に。
もう。何だったんやろうね。

思う事は多々あるけれど、今はとりあえず、
長男の受験に向かって行こうと思います。











以下、記録です。




昨日は次男の個人懇談で。
和やかに話をし、帰ろうと思ったら次男から着信が。
昨日は柔道の日だったので、時間ないし、早く帰って来いって電話かなぁ。

って、思ってたんですけどね。


帰宅したらまず、



今年のお正月に、次男がお小遣いとお年玉で買ったゲーム機を見せられました。


以前壊した時と、本人の様子が違ったので
叱る前にまずなぜこうなったかを確認する事に。



一昨日からの個人懇談で、小学校は午前中で終わり。
一昨日も昨日も仲の良いお友達数人と一緒に遊ぶ約束をしていて
お友達の家で遊んでいた。

Aくんとゲームをして遊んでいたら、Bくんに
『煩い』
と、言われたんだけど、無視して遊んでいたら
『ブタ・デブ』
とか、嫌な言葉を言われて、ムカついたからどついて。

そこから色々あって、
Bくんにゲーム機を壊されてしまい、
思わず力任せにBくんの肩をつかんで殴った。

その場はお互いにやり過ぎたと謝って、仲直りをしたけど…
自転車で駄菓子屋に行った帰りに、Bくんが嘔吐。

お友達の家の方がBくんの家まで送ってくれはった。



と、目にいっぱい涙を溜めて説明してくれました。
次男の話だけだし、本人もパニックになっていて、アヤフヤな部分もあり…

すぐにBくんの家に電話をして、様子を聞こうと思ったら、
高校生のお兄ちゃんが『病院に行きました』と、教えてくれました。

Bくんのお母さんの携帯番号を知っていたので、すぐそちらに電話。
病院に向かう途中のお母さんとお話しすることが出来ました。

Bくんが帰宅した時、おばあちゃんしかいなくて、車を運転できないので
念の為に、救急車を呼んで病院に行かせた。
念の為に病院に行っただけなので、大丈夫だと思う。

との事でした。

Bくんが心配だったけど、とりあえず次男には
Bくんと体格が違いすぎる事を話し、

喧嘩をするなとは言わない。
でも、力任せに殴るのは良くない。
次男が力任せに殴ったら、小柄なBくんが吹っ飛ぶのは当たり前。
口で言われたのなら口で言い返しなさい。

など、言い聞かせました。
本人も凄く反省していたので、それ以上は言わない事にしました。

長男を7時過ぎに塾に送って行った帰りに、Bくんの家に寄ってみたら
車があったので、思い切って訪ね、お母さんと直接お話しできました。

救急車を呼んだのは、タクシーで行っても待たされるだけで
すぐに診てもらえないと思ったから。
Bくんが吐いたのは、次男に殴られて箪笥に頭をぶつけ、
脳しんとうを起こしたから。
しばらくは脳しんとうの関係で吐き気が残るだろうけど、もう大丈夫。
と、説明を受けました。

彼女に
ゲーム機を壊されたら誰だって怒るし、子供も悪いと思う。
次男だけが悪いわけじゃないし、
反対の立場になりうる事は十分にあり得るので、
次男を叱らないでやって欲しい。
と、言われました。


それでも先に手を出したのは次男です。
それによって、Bくんが病院に行ったり嘔吐したわけで。
これから気をつけるように言い聞かせます。

彼女からはゲーム機の弁償についても言われたけれど、
以前修理した時は無料だったし、お互いさまの部分もあるし。
と言う事で、喧嘩両成敗と言う事になりました。


帰宅後、遊びに行ったお友達の家にもどうしようかと悩んだ末、
電話をしました。
次男が喧嘩をした事で、お家の方にBくんを自宅まで送り届けて
頂いて、ご迷惑をかけてしまったわけだし。



今まで次男がこの手の問題を起こした事は全くなく、
言われたり、押されたりしてもやり返せなくて、
泣いてばかりだったんですが…

思わずとはいえ、反撃出来た事にビックリ。
喧嘩慣れ(?)してない事もあり、力加減が出来なかったりしたわけですが、
正直、言い返したり反撃出来た事は嬉しかったです。
そして、事の顛末を目に涙を溜めながらも、最後まで泣く事無く、
説明する事が出来た事も、彼の成長だと思いました。

もちろん、大事にならなかった今だからこそ、言える事なんですけどね。

本当、直接お母さんとお話しして、状態を聞くまでは気が気じゃなかったです。






あと・・・ こんな言い方もなんですが、
相手がBくんで良かった。

彼は3月まで次男が在籍していた野球倶楽部のメンバーで、
お母さんとも交流があったんですよね。
だからすぐに電話などの対応が出来たんですよね。

知らない方だったら、どう対応したら良いのやら…


次男には良い薬になりました。





男の子って、これからまだまだ色々何かとあるんでしょうね。











関連記事

20:21 | 子ども | comments (6) | trackbacks (0) | edit | page top↑
Merry Christmas! | top | 調査員(・・?

comments

# No title
男の子って、ほんとにいろいろとあるね~

でも、ケンカした友達のお母さんも

kiyomiさんの顔見知りで、良かったですね~

このことは、じろう君にとってもひとつのいい経験になるんじゃないかなぁ~

子供の頃って、私達の時代でもいっぱい色んなことがあって

ケンカしながら、すぐに仲直りしての日々だったし。

じろう君も少しずつ大人になってきてるんだね~♪
ムクままさん | 2010/12/22 22:45 | URL [編集] | page top↑
# No title
先ずはB君が大事なくてよかったデスね。

そして、じろう君もある意味偉かったと思います。

そしてそしてお母さん同士が同じ価値観であったことが何より助かりましたね。

全部がよい方向で終ったのでよい勉強できたと思いましょう。

子供はどれだけ大きくなっても心配は尽きません。

私自身もまだまだ心配だらけ・・・・

母としてkiyomiさんの冷静さを見習わねば・・・と思い読ませてもらいました。



とらきゅーmamaさん | 2010/12/23 01:06 | URL [編集] | page top↑
# No title
★ムクままさん★

本当、男の子って… って感じでした。

今だから言えるけど、本当どうしようかとパニックになってたけれど、

本人がもの凄く落ち込んでいたので、パニックを顔に出さないようにするのが精一杯でした。

次男も色々頑張っているようです。



★とらきゅーmamaさん★

同じ価値観。本当に彼女が母親で良かったって、そう思いました。

Bくんも大事に至らなくて、本当良かったです。

冷静じゃないですよぉ。もう、どうしたらいいのか分からなくて、パニックでした。

次男と話しながら、落ち着け・落ち着けって必死に自分に言い聞かせてました。

これからも色々とあるだろうけど、四苦八苦しながらも、何とか乗り切って行きたいと思います。



kiyomiさん | 2010/12/24 01:28 | URL [編集] | page top↑
# No title
いやー、どうなるかと思って読みましたが

お友達の体が無事でそれが一番です。

DSはお金で買えるけど、怪我はねぇ。



それに、相手のお母さんが理解ある方でよかった。

私の知人で親子で相手方に謝りに行ったら

相手のお母さんに子を部屋に連れ込まれて

押し倒されて頭をガンガン床に・・・って

恐ろしい方も事件もありましたが・・・。

買って行ったケーキも玄関で投げつけられた、とか。



じろちゃん、そりゃーDS壊されたら

誰だってぶん殴りたくなるよね。

うんうん、じろちゃんには良い経験になったでしょう。



「無駄なこーとは何も無いよ

 悔しさ数える度強くなれーるぅ♪」byファンモン



この経験がお友達にもじろちゃんにも

無駄にはならないよね!

貴重な体験話、聞かせくれて有難う。



貴女も気疲れした事でしょう。

お大事に。



りーたんさん | 2010/12/24 17:08 | URL [編集] | page top↑
# No title
Bくん大事無く良かったですね。

野球部同士って過ごす時間が長い為か変に遠慮なしのところがありヒヤヒヤすることがあります。

息子も身体が大きいので日ごろから手を出さないように言ってはいますが高学年になると我慢しきれない(手をださないと余計にやられたりするそうです)ことがあるようです。



ビックリして怖い思いをしましたが次郎君にとって(Bくんにも)良い経験になったと思います。

親として男の子は特に人の痛みがわかる人になってほしいですよね
愛のママさん | 2010/12/24 23:12 | URL [編集] | page top↑
# No title
★りーたん★

DS、昨日修理に出しました。はて、どうなる事やら。

りーたんの知人の件は、以上だよ(-_-メ)

相手の母親がちょっと特殊だと思うわ。

でも、長男も次男も、喧嘩してけがをさせたりさせられたりだけど、

何故か相手は全部同じ価値観の方々で。

お陰さまで大事にはなっておりませぬ(o´д`o)=3

助かってますわ。



★愛のママさん★

そうなんですよね。

今までは反撃を全くしてなかったので、力加減が出来なかった部分もあって。

これから中学に進学するし、ある程度は反撃してもらわないと。

でも、今回の事で少し考えられたんじゃないかしら。

懇談では『人の痛みが分かる子です』的な事を言われたばかりなので、

このままで行って欲しいと思います。





kiyomiさん | 2010/12/26 21:13 | URL [編集] | page top↑

post a comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

この記事のトラックバックURL:
http://soranikakaruniji.blog.fc2.com/tb.php/88-c2de7c0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)